猪子寿之がアスペルガーの噂とは?実家や出身高校と大学も調査!

今回は、実業家の猪子寿之(いのこ としゆき)さんについて注目していきます!

スポンサーリンク


猪子寿之さんのプロフィール

生年月日 1977年4月15日生まれ
出身 徳島県徳島市
血液型 A型
身長 190cm

高校は、地元の徳島県立城東高等学校に進学・卒業していました。

偏差値は「64」で、徳島県内で4番目に偏差値の高い学校でした。

実家が、城東高校まで徒歩5分の距離にあるそうで、もしかしたら近いという理由だけで決めたのかもしれません。

ですが中学から成績が良かったわけではなく、当時は偏差値50くらいだったそうです。

それから城東高校に合格し、東大にまで入れるというのは、やはり普通ではない何かを持っている方ですね。

東大では教養学部理科1類に進学しています。
大学入学後に1年間イギリスとアメリカに留学し、帰国後に工学部応用物理・計数工学科に進学していました。

現在はチームラボ株式会社の代表取締役を務めていますが、チームラボは東大工学部に在学中に友人5人で設立していました。

東大生はやることが違いますね・・・。

立ち上げたきっかけは「友達とずっと一緒にいたかった」「青春を終わらせたくなかった」と、若者らしい発言です。

2000年12月に有限会社チームラボになり、
2002年8月に現在のチームラボ株式会社に組織変更をしています。

127-11

この会社は、
プログラマー、ロボットエンジニア、数学者、建築家や、webデザイナー、CGアニメーター、編集者など、様々な分野のエキスパートが集まり、ソフトウェア開発やインターネットメディアを請け負ったりしている会社です。

従業員は200人を超え、ベトナムや上海にも子会社を置くベンチャー企業でもあります。

スポンサーリンク


アスペルガーの噂って?

なにかと才能のある人がいると噂される「アスペルガー症候群」ですが、本当のところはどうなのでしょう。

2016年2月には、東京大学の大学院に在籍していた男性が、「東大生は4人に1人はアスペルガー」だとTweetしたことが話題にもなりました。

それが真実かどうかは定かではありませんが、実際に東大に通う人の中には人間関係が苦手な人が多かったり、自閉症スペクトラムのサポート体制が整えてあったり、アスペルガー症候群の人も少なくないのでは?と言われています。

アスペルガー症候群とは日本では4000人に1人いると言われていて、知的な遅れはなく、むしろ専門的な分野では一般の人よりもすばらしい成績を出すこともあります。

小さい頃から言葉の遅れの無い、自閉症スペクトラムの一つとして捉えられています。

知的に問題がなければ障害と言えないのではないかと思いますが、いわゆる「空気を読む」ことができなかったり、ストレートすぎる言い方で相手を傷つけてしまったり、具体的な指示がなければ行動ができなかったりするそうです。

猪子さんがアスペルガー症候群であるかどうかは分かりませんでしたが、なぜか高校生の時にランドセルを背負って登校していたり、周りとは違うユニークなところがそう思われたりしているようですね。

ですが、人間関係が苦手であれば、会社の代表を務めることもかなり難しいでしょうし、猪子さんはそのあたりは上手にやってきているようですので、アスペルガー症候群ではないと思います

 

今後もどのように会社を運営していくのか、その手腕も気になるところですね。

コメント